私を信じて、
一歩前に進んでみませんか

目の治療は、生活スタイルに大きく関わってきます。例えば、メガネの使用などが典型でしょう。見た目の問題や不便さをおかけすることもあるとは思いますが、まずは、医師のアドバイスを信じていただけないでしょうか。「やってみて良かった」と思える日が、きっと訪れるはずです。

問診票ダウンロードはこちら問診票ダウンロードはこちら
TEL:048-822-7000

JR京浜東北線「与野駅」(東口)から徒歩約2分

診療時間日・祝
9:00~12:30 ×
15:30~18:30 × × ×

×休診日 日曜日・祝日、および水曜と土曜の午後
火曜日終日・金曜日午前は代診になります。
不定期の休診もありますので、お電話でご確認のうえご来院ください。
バリアフリーなのでベビーカーでも入れます。

content_tel_sp.png

診療内容について

ご高齢者や大人の方はもちろん、小さなお子さまの診断・治療にも注力しているのが当院の特徴です。ハンディタイプの検査器具をはじめ、最新の医療機器や医療技術を導入するよう心がけております。また、眼精疲労のケアといった目の病気以外でも、気軽にご相談してください

眼精疲労ケア室眼精疲労ケア室

眼精疲労のケア

パソコンやスマートフォンの普及で患者さまの数が増えている眼精疲労。十分な休息や睡眠を取っても、目の疲労が回復しない状態です。
当院では、ホットパック、洗眼、マッサージ、超音波施術、アイスパックなどを組み合わせたトータルケアで、眼の疲れを取っていきます。同時に、肩こりや頭痛など、眼の疲労が引き起こす症状を軽減する治療も行っています。完全予約制ですが価格もお手頃ですので、眼の疲れが気になる方はご相談してください。

院長あいさつ

院長あいさつ

“疲れない目”が生活に彩りを与える

当院のサイトをご覧の皆さま、はじめまして。
JR与野駅の近くにて「しぶや眼科クリニック」を開設しております、院長の渋谷裕子(しぶやゆうこ)と申します。
当院が掲げているポリシーは、あらゆる年代に寄り添う「目のホームドクター」です。この理念を、親子をモチーフとした「アヒルのマーク」に込めています。また、私自身、「神奈川県立こども医療センター」に勤務した経験から、小児眼科の治療を得意としております。

私を信じて、
一歩前に進んでみませんか

目の治療は、生活スタイルに大きく関わってきます。例えば、メガネの使用などが典型でしょう。見た目の問題や不便さをおかけすることもあるとは思いますが、まずは、医師のアドバイスを信じていただけないでしょうか。「やってみて良かった」と思える日が、きっと訪れるはずです。

問診票ダウンロードはこちら問診票ダウンロードはこちら
TEL:048-822-7000

JR京浜東北線「与野駅」(東口)から徒歩約2分

診療時間日・祝
9:00~12:30 ×
15:30~18:30 × × ×

※休診日 日曜日・祝日、および水曜と土曜の午後
火曜日・金曜日午前は代診になります。
不定期の休診もありますので、お電話でご確認のうえご来院ください。
バリアフリーなのでベビーカーでも入れます。

content_tel_sp.png