まぶたの下垂手術

次のような症状はありませんか

  • まぶたが下がり、目を覆っている。
  • 周囲から「目つきが悪い」と良く言われる。
  • まぶたが重く、二重の幅も変化した。

まぶたが下垂する原因とは

まぶたの下垂は、加齢が主な原因ですが、その他にも、ハードコンタクトレンズの使用なども考えられます。視野が狭くなると顎を上に向けて物を見ようとしますので、肩こりを併発するケースもあります。
見づらさ、肩こり、視界不良などにより、患者さまから相談されるケースがほとんどです。

手術方法

上まぶたを外科手術によって切開し、まぶたの筋肉を挙上します。手術は形成外科の医師が行います。手術当日に帰宅できますので、安心してください。
上まぶたの下垂を治すことで、目を開きやすくし、狭まった視野を広げることができます。

手術の流れ

手術から術後の治療まで、一般的な流れは以下の通りです。

1通常の診療時間で診断を行います。

2形成外科医の診察日に合わせて来院して頂き、手術や治療方針などを説明させて頂きます。この段階で手術をご希望される場合、手術の予約をして頂きます。

3手術当日。再び診察を受けて、特に問題がなければ、そのまま手術を行います。手術時間の目安は両眼で約1時間半から2時間程度。当日、帰宅することが可能です。

4手術した翌日、術後経過の診察をします。その1週間後には抜糸です。

治療費

3割負担の方の場合 両眼で 4万8,000円前後(税別)

※ただし、初診料を除きます。費用は、施術の内容により多少前後します。

私を信じて、
一歩前に進んでみませんか

目の治療は、生活スタイルに大きく関わってきます。例えば、メガネの使用などが典型でしょう。見た目の問題や不便さをおかけすることもあるとは思いますが、まずは、医師のアドバイスを信じていただけないでしょうか。「やってみて良かった」と思える日が、きっと訪れるはずです。

問診票ダウンロードはこちら問診票ダウンロードはこちら
TEL:048-822-7000

JR京浜東北線「与野駅」(東口)から徒歩約2分

診療時間日・祝
9:00~12:30 ×
15:30~18:30 × × ×

※休診日 日曜日・祝日、および水曜と土曜の午後
火曜日・金曜日午前は代診になります。
不定期の休診もありますので、お電話でご確認のうえご来院ください。
バリアフリーなのでベビーカーでも入れます。

content_tel_sp.png